前へ
次へ

食のこだわりを消費者も理解すべき

飲食店において、こだわりが強いために、こうした方の入店はお断りしています、などの貼り紙を目にすることもあります。
例えば、香りを楽しむメニュー推しなら、香水などはまとわないことも条件です。
また、こだわりが強いために、食べ方まで指定する店主がいる飲食店も意外に多いようです。
鍋奉行のようなイメージですが、美味しく食べてもらいたい気持ちの現れでしょう。
食べ放題を提供する飲食店では、お残しにはペナルティーがつきます。
また、食べられる胃の限界量を知ってチャレンジして欲しいから、大食いチャレンジメニューの料金は高額になっています。
もちろん、ルールは時間内で食べきれなくても最後まで完食する、あるいは持ち帰ることです。
制限時間内に席を立たないこと、これに関してはトイレに立つことも禁止となっています。
早食いは厳禁、よく咀嚼することも事前に了解しなければなりません。
飲食店ならではのこだわりは、食材をムダにさせないためでもあるようです。

Page Top